2017年01月13日

自賠責保険料の値下げ

金融庁は、2017年4月の契約分から、地場席保険料を値下げ
(全車種平均で約7%)する方針を決定しました。値下げは
9年ぶりで、背景としては交通事故が減少しているため保険金
の支払いが減ったから、とのことです。

が、日頃多くの事故対応を通じて治療の長期化を感じている
私には、全く実感がわきませんね。。。

いずれにしても、保険料の値下げは無保険の防止という観点
からもグッドだと思います!

Jidousha_baisho_sekinin_hoken_shomeisho.JPG

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2017年01月06日

交通事故死者数が減少

全国で起きた交通事故の死者数は
2015年:4,117人 ⇒ 2016年:3,904人と、
213人(5.2%)減ったそうです。

3,000人台になったのは1949年以来67年ぶりと
いうことなので、一人ひとりの安全運転意識の
結果と思うと感慨深いですが、よく考えると、
人口減少下では不自然なことではないと思います。

油断することなく安全運転をお続けくださいね!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年08月31日

エアバッグは大人を前提

今年2月、大阪市で3歳の女児が交通事故で亡くなりました。
その際、チャイルドシートではなく、通常のシートベルトを
して助手席に座っていたそうで、それにより胸部圧迫による
心臓挫傷が死因だそうです。

エアバッグがあるから命に別状はないでしょう!?と思う
かもしれませんが、エアバッグは大人の身を守ることを前提
にしており、幼児では作動時の衝撃に耐えられません。

一説では「膨張時の力はハンマーで思い切りたたかれるのと
同じ。子供の場合、内臓破裂や頭蓋骨骨折に至る」とのこと。

道路交通法でも、6歳未満の子供はチャイルドシートの使用
を義務付けています。少しの距離でも着用の徹底を!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年08月24日

難解な事故対応

お客さまで、特殊事情が絡む事故がありました。
どのように対応するか、非常に難しいです!

でも本件を解決に導けば、また私の経験値もアップ
すると思いますし、「人生はどれだけたくさんの
問題を解決したかが価値である」と言われますので、
頑張りどころだと認識しています。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年08月05日

親介護補償特約

親の介護のために退職する人は年間約10万人だそうで、
その多くは会社の中核を担う40〜50代と言われます。

介護状態になると、自宅に手すりをつけたり、段差を
解消したりなどバリアフリー改修の必要が出てきます。

損保会社が販売する団体保険で、従業員の親が介護状態
になると保険金を受け取れる特約が増えているそうです。

残念ながら当店では取り扱っていませんが、損害保険
会社は自動車保険のウェイトが高いですから、このよう
にバランスが良くなるのはナイストライだと思います!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年07月28日

同時多発な一日

昨日は忘れられない一日でした。

新たな事故が3件に、ロードサービスの依頼が1件。

こんなに同時多発なことは初めてだと思います。

皆さんも益々ご安全に!!!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年07月15日

事故対応はヒアリングから

お客さまで事故がありました。

追突した・されたであればシンプルで分かりやすいですが、
今回の事故は損害は大きくないものの、経緯が結構複雑。

相手と交渉していくために、お客さまからの意見をよく
聞くことが一番。

チョット遠いところにお住まいのお客さまですが、解決に
むけて頑張ります。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年07月14日

社会的意義のある仕事

某損保会社の研修に行ってきました。

最近は権利意識の高まりもあり、雇用関係のトラブルって
意外と多いものです。

それだけでなく会社の存続にも影響することもあり。

私たち保険屋の仕事は地味ですが、あらためて社会的意義
のある仕事だな、と痛感しました。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年07月08日

ここにもドローンか!

損保ジャパン日本興亜は、自動車事故の保険金支払いのために
事故の調査・検証を行っています。従来は平地から事故現場を
撮影し、道路の勾配や幅員を調査員が手で計測していますが、
計測の視点が限定されるため、事故現場の全体像の把握には限界
がありました。平地から計測した数値を使って衝突時のスピード
等を計算していましたが、分かりやすく事故の当事者などに
伝えるため、事故状況の視覚化などが課題となっていました。

そこで、損保ジャパン日本興亜はDJIのドローン「Inspire 1」
を事故現場で飛ばし、上空から静止画や動画の撮影を行うことで、
事故現場を3次元モデリング化し、道路の傾きや幅員を含む事故
現場の全体像を正確に捉えることが可能となりました。3次元
モデルを使用した衝突シミュレーションによって正確な事故状況
の再現も行え、事故解決の迅速化が可能となりました。

最近はどの保険会社もグーグルマップは使っているようですが、
情報は少しでも多いほうがいいものです。より納得のいく事故解決
に役立ててほしいと願ってやみません。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険

2016年07月07日

火災保険の有無責

火災保険で「こういった場合にどうなるか?」という
相談の電話がありました。

電話で保険がおりる・おりないが分からなくもないの
ですが、あまり自分の主観で決め付けないで、なるべく
訪問して、自分の目で見て、事実を保険会社のサービス
センターに伝えるようにしています。

昨日もそういった活動をしていました。保険の対象に
なるといいのですが!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険