2019年12月02日

【重要】2019-12 改正道交法施行令

12月1日より、道路交通法の罰則が大幅に強化されます。

運転中に携帯電話等で通話や画面を注視する違反「携帯電話
使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げ。
携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反
「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点
に引き上げられます。

「保持」の反則金は約3倍となり、
原付は5,000円から12,000円、
二輪車は6,000円から15,000円、
普通車は6,000円から18,000円、
大型車は7,000円から25,000円、
に引き上げられます。

さらに違反を繰り返すと、6ケ月以下の懲役または10万円
以下の罰金が適用される可能性があります。
罰則はこれまでの3ケ月以下の懲役または10万円以下の罰金
から1年以下の懲役または30万円以下の罰金に引き上げられ
ます。

なお、道路交通法ではハンズフリー通話をしながらの運転に
ついて罰則規定はありませんが、一部の都道府県においては
「ハンズフリーイヤホン」を装着していると道路交通規則に
よって「安全運転義務違反」として検挙される場合があります。

イヤホンマイクを禁止している地域:茨城、群馬、東京、
山梨、長野、滋賀、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知、
熊本

イヤホンマイクの使用自体は認めているが、外部の音が遮断
されていると判断された場合に違反になる地域:千葉、富山、
山口、福岡

居住する地域が問題なくても、旅行先の地域ではNGになる
可能性がありますので、普段から避けるよう習慣づけていき
たいものですね。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記

2019年10月24日

若い女性はがんにもご注意を

国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは、小児や
15〜39歳の思春期・若年世代のがん患者のデータを集計した
ところ、20〜39歳の患者の約8割を女性が占めていたとする
調査結果を発表しました。

昔の感覚でいうと「がんの心配は40歳ぐらいから」という時代
もありましたが、そんなことはありませんね。目安として20歳
から、がん検診を受けた方が良いかもしれません。

「人生100年時代」を見据え、若いうちから色々考えなければ
ならないのは大変と思いますが、私自身、振り返ると若い頃は
いい加減な生活(特に”食”)をしていたので、もっと早く意識
を高くしておかないといけなかったと反省しており、次世代の
かたには同じ失敗を繰り返さないために、検診を受ける文化が
広まったら幸いです。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記

2019年10月16日

手帳は高橋

この時期になると、来年の手帳が欲しくなりますね。

私は学生の頃から手帳にはこだわっており、クオバディス
時代、クマガイ時代、フランクリンプランナー時代、ほぼ
日手帳時代を経ましたが、一周まわって来年は高橋手帳に
決まりました!

ちなみに今年は初めてのレフト式にしましたが、仕事柄、
やっぱりバーティカルが一番と再確認しました。

978-4-471-79105-6_S_1_y2020.jpg

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記

2019年09月27日

セルリアンブルーという色

人に「セルリアンブルーってどんな色?」と聞かれて
戸惑いました。何それ?初めて聞いたけど???

ネットで調べてみると「わずかに緑がかった濃い空色」
とのこと。で、益々??に。濃い空色って、普通に青?

使える言葉が少ないと、表現が限られてしまうので
寂しいものです。ネットから拝借した画像ですが、
このような海を見る機会があったら是非「いやー、
きれいなセルリアンブルーだな」と言ってみます。

oa450_06.jpg

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記

2019年09月20日

2020年の手帳を検討

毎年のことですが、今年も来年の手帳を悩んでいます。。。

若い頃からバーティカル一筋だったのですが、2019年は
初めてレフト式にしました。でもやはり時間管理の都合上
、バーティカルはやめられないと痛感。

2020年はスーツの上着のポケットに入るサイズで、
バーティカルのもの、となるとNOLTYか高橋手帳になるの
ですが、どちらにするか迷っています。手に取って見て
みましたが、どっちもこだわりがあって良き、です。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記