2020年01月24日

「かばん屋の相続」池井戸潤

51n95jJ8HmL__SX346_BO1,204,203,200_.jpg

仕事柄、相続に関する相談も多いことから、相続という言葉
にピンと来ることが多いので、今回はこれを読み終えました。

一冊まるごと「かばん屋の相続」ではなく短編小説から成り、
銀行マンの熱意や苦労、悲哀、恋愛、正義感が詰まってました。

忙しくて読書から遠ざかっている方も、細切れ時間でも読み
やすくて心がスッと落ち着く一冊です。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 本・映画・TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。