2015年10月22日

地震保険料の改正案

政府と損害保険各社がまとめた、2017年1月から実施
する家庭向け地震保険料の改正案によると、

「地震の発生リスクに見合う保険料に近づけるため、
茨城県や埼玉県、徳島県、高知県の4県の保険料が
50%上がる一方、北海道や愛知県、大阪府、兵庫県
など11道府県では安くなる。現在3.1倍の地域差は
3.7倍に広がる見込み」だそうです。

これはある意味公平と言えますが、アップされた方
におかれましては、何とも釈然としないものがある
と思います。。。

nikkei.jpg

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。