2015年10月21日

火花

芥川賞を受傷した、又吉直樹さんの火花を読みました。

火花.jpg

難解なワードが連発し、まぁこんな意味だろう、とスルー
すれば良いのですが、辞書で調べながら読みました。

本を読んでた時間より、辞書を見ていた時間の方が長かった
んじゃないでしょうか!?

感想は、、、「上品な言葉の数々でまとめられたゲスな話」
でしょうか!?

いや、これは誉め言葉で。一見ゲスに見えるストーリーです
が、言葉の力でスゲーと思える本に仕上がっているんです。

だから、ゲスでスゲー!

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 本・映画・TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。