2019年12月02日

【重要】2019-12 改正道交法施行令

12月1日より、道路交通法の罰則が大幅に強化されます。

運転中に携帯電話等で通話や画面を注視する違反「携帯電話
使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げ。
携帯電話での通話や注視によって交通事故を生じさせる違反
「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点
に引き上げられます。

「保持」の反則金は約3倍となり、
原付は5,000円から12,000円、
二輪車は6,000円から15,000円、
普通車は6,000円から18,000円、
大型車は7,000円から25,000円、
に引き上げられます。

さらに違反を繰り返すと、6ケ月以下の懲役または10万円
以下の罰金が適用される可能性があります。
罰則はこれまでの3ケ月以下の懲役または10万円以下の罰金
から1年以下の懲役または30万円以下の罰金に引き上げられ
ます。

なお、道路交通法ではハンズフリー通話をしながらの運転に
ついて罰則規定はありませんが、一部の都道府県においては
「ハンズフリーイヤホン」を装着していると道路交通規則に
よって「安全運転義務違反」として検挙される場合があります。

イヤホンマイクを禁止している地域:茨城、群馬、東京、
山梨、長野、滋賀、鳥取、島根、徳島、香川、愛媛、高知、
熊本

イヤホンマイクの使用自体は認めているが、外部の音が遮断
されていると判断された場合に違反になる地域:千葉、富山、
山口、福岡

居住する地域が問題なくても、旅行先の地域ではNGになる
可能性がありますので、普段から避けるよう習慣づけていき
たいものですね。

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記