2019年01月08日

シンギュラリティは怖いですが

技術革新の速さにはただただ驚くばかりです。
2020年代には空飛ぶtaxiが、
2030年代には体にチップを埋め込み、ゲートを通過
するだけでキャッシュレス決済が可能になり、
2040年代には自分のアバターができる見通し、という
過激なニュースを見ました。
もし実現すれば、「どこでもドア」が実現しそうです
ね!(=自分のアバターを行きたいところに持って行く)

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 日記