2018年11月01日

必要性が高まる“賠償保険”

バトミントンのプレー中に、ダブルスのペアのラケットが
目に当たり大けがをしたとして、東京高裁が責任を認め、
1300万円の支払いを命じたそうです。

このような判例が一つあると、「じゃぁこれも責任あるん
じゃない?」と、次々に事案が噴出しそうです。

いずれにしても、日頃のあちこちにカメラを設置しておいて、
全ての行動を証拠として振り返ることができるようにした
方がいいのではないか?と思えてなりません。

まぁ、何でも録画されていると思うと気が抜けず疲れますが…

有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 09:00| Comment(0) | 損害保険