2010年06月02日

難しいを分かりやすく

保険は形もないし、加入した時は漠然としていて、万が一の際に

目に見える形で現れるので「難しくて分かりにくい商品」では

ないでしょうか。

お客さまとの面談時間が限られている場合は特に「難しいことを

簡単に」説明することは勿論、いかに興味を持ってもらえるか?

を念頭に置いて話をさせてもらっています。

「一般論」よりも「自分の考えや過去の事故例、よくある質問」

を挙げて説明する方が伝わる!と、自分では思っています。

今日もそんな機会がありましたが、アツく語りすぎてなのか?

汗だくで大変でした。。。

もっとハードに、もっとスマートにありたいものです。


有限会社SSC http://www.ssc-fp.com
posted by 佐伯 at 23:51| Comment(0) | K.S